2009年10月07日

コンパクトデジタル一眼か、デジタル一眼レフか問題について

 CNETとかはてな匿名ダイアリーとかで話題になっているので便乗。

 結論から言うと、私の場合は富士フィルムのFinePix EXRシリーズで決まりです。コンパクトデジタルカメラだったりしますが(旗艦モデルにコンデジもある)。あの、人の目に近づけたというテレビCMのやつです。フィルム感度は泣く子も黙る12800です。デジタル一眼の3200すらメじゃありません。

 F70EXRには一眼レフのような背景をぼかす機能が付いています。が、これは無理やりピンボケの写真も取ってカメラ内で合成したもの。背景との距離が十分ないと機能しません。店頭の写真サンプルを見るとメインの被写体のピントも甘くなっています。
 しかし先に出たF200EXRに対し、光学ズーム10倍というアドバンテージがあります。

 一方のF200EXRは光学ズームこそ5倍にとどまりますが、画素数が1200万画素(F70は1000万画素)。こちらはオプションに防水プロテクターが用意されています。
 ホワイトバランスも海中用が用意されており、海中写真を撮ることも考慮に入れると、こちらが選択肢に入ってきます。
 どちらのモデルも、リバーサルフィルムのProvia、Velvia、Astiaなどをシミュレーションするモードがあり、フィルムカメラ好きなら試してみたくなります。なにぶん、これらのフィルムは高価ですから。それをデジカメ上で実現してくれるとなるとたまりません。
 しかしこれでフィルムの出番がますます少なくなると考えると、さびしいものです。修正の効かないリバーサルフィルムを使いこなす、というのはフィルムカメラの醍醐味の一つでもあるのですから。

 さて、フラッグシップモデルのS200EXRの方は光学14倍ズーム、さらにレンズ口径の大きさから、背景ボケの写真も取れるのではないかと期待できますが、カタログにはそのような記載はありませんし、価格帯からすると通常のデジタル一眼レフカメラの方が良いといえるでしょう。

 もしもデジタル一眼にEXRセンサーと処理系が載ったら、そちらの方がほしくなるかもしれません。


 さて、匿名ダイアリーの方でこんなことが書いてありました。

デジイチはぶっちゃけでかくて重いですが、サイズや重さも性能のうちという事も覚えておいてください。

 重い方が手ブレがしにくい、という意味なのですが、重いと持ち運びが億劫になりなかなか使わなくなる、という問題があります。シャッターチャンスを狙って構え続けるのがつらくなるとかね。
 三脚NGの場合も多いので、プロならともかく、アマチュアは軽いものを選ぶ、というのも一つの答えではないかと思います。
 何より、高級一眼レフは高機能すぎて使い方を覚えるのがちょっと大変、という問題があります。

 とにかくシャッターを押せばいい、というのは重要な要素ではないかと思います。その点からも、FinePixのEXRシリーズは非常に良い性能を持っていると思います。

 ちなみに私は以前先輩から安く譲ってもらったミノルタのSR-T101がお気に入りです。フルメカニカルシャッターを超えるデジカメ、AFカメラなんて存在しません!

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR シルバー FX-F200EXRS

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス




FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR ブラック FX-F200EXRB

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F200 EXR ブラック FX-F200EXRB

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス




FUJIFILM 防水プロテクター FX200専用 WP-FXF200

FUJIFILM 防水プロテクター FX200専用 WP-FXF200

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス




FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F70 EXR シルバー F FX-F70EXR S

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F70 EXR シルバー F FX-F70EXR S

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス




FUJI FILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス)  S200EXR ブラック FX-S200EXR F FX-S200EXR

FUJI FILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) S200EXR ブラック FX-S200EXR F FX-S200EXR

  • 出版社/メーカー: 富士フイルム
  • メディア: エレクトロニクス



 ちなみに私はF200EXRを先日購入しました。お金を十分稼げるようになったら、ニコンのデジタル一眼を買いたいと思っています。短焦点レンズはキャノンが安くてよいものをラインナップしているとのことですが、今持っているフィルムのAF一眼レフがニコンのF80。憧れなんですよ。ニコン。
posted by k3akinori at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 机上の実物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ペンタブ購入。

しばらくペンタブレットなしでやってきましたが、近所のPCショップで安売りしていたので購入。約8000円。

USB接続で、マウスはなし。とはいえ、タブレット上でペンとマウスを持ち替えて使うのは面倒、というのは前任機(壊れた)で経験済みなので問題ありません。
タブレット上部の丸いホイールパッドが、マウスホイールと同じ機能を持っています。指で上端を上になでればスクロールアップ、下端を下になでればスクロールダウン。ふちに沿って指を回すと、Ctrl+ホイールマウスと同じように、ブラウザの拡大、縮小を行ってくれます。

バンドルソフトにはPixiaフルセット版(フリー版には無いオマケが付いてます。)と、水彩Lite、ComicStudio Miniが入っています。他に体験版として、CGillust4.5とComicWorks2が入っています。
CGillustは、4.5+の製品版を持っているので無視。ComicStudioMiniは結構面白そうです。Web漫画に挑戦してみようかしらなどと思ったり思わなかったり。インストールしちゃったので多分そのうち使います。

とはいえ、主に使うのはPhotoShopになるのだろうなと。

個人的には、高価な専門ソフトよりも、安価なソフトで楽しくやれる方が好きなんですけどね。高価なものほど使いにくい、覚えにくい、というのはよくある話で。

Webデザインの求人を見ると、やっぱりadobe製品を使うというのが多いようで。仕様に対して好き嫌いは言ってられないわけで。
尤も、デザインカンプから画像切り出しが効率的に行えるFireworksは非常に「使える」ソフトだと思っています。客先にデザインをプレゼンして、そこからシームレスにサイト構築に流せるわけですから。うっかりすると構築がかなり困難なデザインになりかねませんが。
まずはコーダーとして一人前になりたいと思っている自分としては、矢でも鉄砲でもどんなデザインでも持って来い、意地でも形にしてやるぜ位のレベルになりたいところです。
なんつうか、あれですよ。自分がデザインすると、マークアップおよびコーディングをどうするかを考えながらやっちゃうんで、どうしてもオーソドックスというか、シンプルなデザインになりがちで、そこはまるっきり面白くないなと。もちろん、コードはシンプルなくせにやたらスタイリッシュで機能美あふれる・・・ってのが理想なんですが。道のりは長いだろうなぁ。

Dreamweaverは、どうでしょうね。手打ちでやる限りにおいては、リンクウェアのez-HTMLでも十分だと思います。バリデートもタグ入力支援も不完全ですし、使いやすいといえば、CS4での関連CSSの編集が容易になったことでしょうか。これでなくてはだめ、ということは無いような気がします。

その一方で、パソコンでお絵かきとなったらやっぱりペンタブ。ええ、いくらCS2からイラレがスキャナ取り込みでベクトルデータに変換してくれるといってもですよ、私は下書きからペンタブ派ですから。

さあ、何描こうかなぁ、って、その前にWebデザイン検定試験対策の勉強しなきゃですよ。あわわ・・・。

Wacom Bamboo Comic CTE-450/W1

Wacom Bamboo Comic CTE-450/W1

  • 出版社/メーカー: ワコム
  • メディア: エレクトロニクス



posted by k3akinori at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Webデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

安物にあるまじき能力のマウス、購入。

長年使っていたペンタブ(タブレット上で使うマウス付)が故障してしまったので近所のパソコンショップでマウスを購入。

今回購入したマウスはこれ。

ELECOM(エレコム) PS/2光学式マウス M-Y2P2RWH

ELECOM(エレコム) PS/2光学式マウス M-Y2P2RWH

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア:




光学式マウスです。
Webデザインを仕事にしようとすると、1ピクセル単位の操作がどうしても必要で、位置検出が不安定なボール式のマウスは選択肢から完全に外れます。

こちらはUSB接続ではなくPS/2接続。緑色の丸いコネクタにさすタイプです。

「え、今時PS/2?」と思うなかれ。マウスやキーボードなど、信号の出力が人の手であるという時点で、USBのような高速接続はオーバースペックなのです。購入した最新のマザーボードにもマウス・キーボード用にPS/2ポートが残っています。

店頭でも、USBで接続するタイプと値段は全く変わらなかったのですが、今後用途が増えていくだろうUSBポートを埋めてしまうより、キーボード・マウス専用のPS/2ポートを使うのがインターフェイス資源の有効利用というものです。
マウス自体の性能はUSBタイプと全く変わりません。ならば、PS/2でいいじゃないかと。

それに、私の場合、今使っているキーボードもPS/2接続タイプ。
マウスの接続もPS/2にしておけば、パソコン切り替え機も安価なものを選択できるという利点があります。たとえば、


ELECOM PS/2パソコン切替器 KVM-KP2N

ELECOM PS/2パソコン切替器 KVM-KP2N

  • 出版社/メーカー: エレコム
  • メディア: エレクトロニクス



や、

バッファローコクヨサプライ BUFFALO CPU切替器 2対1 切替 PS/2 to PS/2 BKVMP201A

バッファローコクヨサプライ BUFFALO CPU切替器 2対1 切替 PS/2 to PS/2 BKVMP201A

  • 出版社/メーカー: バッファローコクヨサプライ
  • メディア: エレクトロニクス



といった商品です。
不安要素としては、モニターの切り替えがいずれもアナログのVGAコネクタを使用しているところでしょうか。
今後、モニターの接続はデジタル方式のDVIコネクタに切り替わっていくことを考えると、躊躇しないでもありません。
モニターの性能にも依存しますが、正確に色を表示するのはDVIのほうですし。


さて、新しく購入した格安のマウスですが、使い勝手は良好です。
今まで使っていたペンタブが壊れてからは、EeePCに付属していた小さなマウスを使っていたのですが、マウスボタンのクリック感、特にホイールボタンのクリック感が全く違います。店頭価格980円のElecomの方がコンマ数ミリほど沈みこみが深く、クリックに使う指の力は変わらないのに、「カチ」っとした感触がはっきりとしています。
キーボードでいえば、パンタグラフ式の感触に近い、といえば私同様マニアックな人なら理解していただけるでしょう。

ケーブルの長さは1.3mと平均的です。

また、光学センサーの反応も十分。というより、従来なら反応しなかったんじゃないかと思うようなのっぺりとした面上でも滑らかにポインターが動いてくれます。EeePCのピアノ天板のようなつるつるの面でもポインターが動くのには驚きました。さすがに低速で動かすと多少動きが不安定になりますが、それでもこの検出能力には脱帽です。昨年買ったPriusに付属していた無線式の光学マウスよりもはるかに動きの検出能力が高いです。

安物だし、つかればそれでいいや、という程度に思っていましたが、なかなかどうして。「そんじょそこらの付属品と一緒にしやがんな。」と主張する、別売り品の矜持を見せつけてくれたマウスです。
posted by k3akinori at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 机上の実物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。