2009年09月20日

ペンタブ購入。

しばらくペンタブレットなしでやってきましたが、近所のPCショップで安売りしていたので購入。約8000円。

USB接続で、マウスはなし。とはいえ、タブレット上でペンとマウスを持ち替えて使うのは面倒、というのは前任機(壊れた)で経験済みなので問題ありません。
タブレット上部の丸いホイールパッドが、マウスホイールと同じ機能を持っています。指で上端を上になでればスクロールアップ、下端を下になでればスクロールダウン。ふちに沿って指を回すと、Ctrl+ホイールマウスと同じように、ブラウザの拡大、縮小を行ってくれます。

バンドルソフトにはPixiaフルセット版(フリー版には無いオマケが付いてます。)と、水彩Lite、ComicStudio Miniが入っています。他に体験版として、CGillust4.5とComicWorks2が入っています。
CGillustは、4.5+の製品版を持っているので無視。ComicStudioMiniは結構面白そうです。Web漫画に挑戦してみようかしらなどと思ったり思わなかったり。インストールしちゃったので多分そのうち使います。

とはいえ、主に使うのはPhotoShopになるのだろうなと。

個人的には、高価な専門ソフトよりも、安価なソフトで楽しくやれる方が好きなんですけどね。高価なものほど使いにくい、覚えにくい、というのはよくある話で。

Webデザインの求人を見ると、やっぱりadobe製品を使うというのが多いようで。仕様に対して好き嫌いは言ってられないわけで。
尤も、デザインカンプから画像切り出しが効率的に行えるFireworksは非常に「使える」ソフトだと思っています。客先にデザインをプレゼンして、そこからシームレスにサイト構築に流せるわけですから。うっかりすると構築がかなり困難なデザインになりかねませんが。
まずはコーダーとして一人前になりたいと思っている自分としては、矢でも鉄砲でもどんなデザインでも持って来い、意地でも形にしてやるぜ位のレベルになりたいところです。
なんつうか、あれですよ。自分がデザインすると、マークアップおよびコーディングをどうするかを考えながらやっちゃうんで、どうしてもオーソドックスというか、シンプルなデザインになりがちで、そこはまるっきり面白くないなと。もちろん、コードはシンプルなくせにやたらスタイリッシュで機能美あふれる・・・ってのが理想なんですが。道のりは長いだろうなぁ。

Dreamweaverは、どうでしょうね。手打ちでやる限りにおいては、リンクウェアのez-HTMLでも十分だと思います。バリデートもタグ入力支援も不完全ですし、使いやすいといえば、CS4での関連CSSの編集が容易になったことでしょうか。これでなくてはだめ、ということは無いような気がします。

その一方で、パソコンでお絵かきとなったらやっぱりペンタブ。ええ、いくらCS2からイラレがスキャナ取り込みでベクトルデータに変換してくれるといってもですよ、私は下書きからペンタブ派ですから。

さあ、何描こうかなぁ、って、その前にWebデザイン検定試験対策の勉強しなきゃですよ。あわわ・・・。

Wacom Bamboo Comic CTE-450/W1

Wacom Bamboo Comic CTE-450/W1

  • 出版社/メーカー: ワコム
  • メディア: エレクトロニクス



posted by k3akinori at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Webデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。