2009年12月02日

CUD−カラーユニバーサルデザイン−

ふらりと立ち寄った書店ですごい本を見つけました。


カラーユニバーサルデザイン

カラーユニバーサルデザイン

  • 作者: カラーユニバーサルデザイン機構
  • 出版社/メーカー: ハート出版
  • 発売日: 2009/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




何がすごいって、一般の人と色覚が異なる人が見ている世界について非常に分かりやすく解説していること。
定価3800円と少々高いが、前頁フルカラー印刷だからこれは仕方が無いことかもしれません。シミュレーション写真を用い、色覚特性の異なる人たちにとってその風景がどのように見えるかを解説しています。
また、色覚障碍の発生メカニズムや、カラーデザインを行う上でどのようにすればよいのかも具体的に示しています。
色覚シミュレーターはいくつかのソフトウェアに搭載されていますが、この本は色覚障碍をより身近に、具体的に感じることができます。

この本の作り・構成自体が、優れたプレゼンテーションの見本とも言え、色覚の話と共に、デザイナーとして学べることが多々ある本です。


さて、色覚が一般と異なる人=色弱者は、男性の20人に1人の割合で存在するそうです。
この色弱という障碍は、性染色体のXの一部に問題があることで発生します。女性の場合は、もう一つの性染色体の遺伝子が機能するため、色覚に影響は及びません。しかし、男性のばあい、もう片方がY型で、Xの異常をカバーすることができないため、色弱が発現します。

20人に1人という割合は、異常と呼ぶには多すぎます。
他の障碍と同様、これは「個体差」と解釈すべき事柄ともいえます。

この書籍の説明文を一部引用します。
近年の科学の発達の結果として、人類の色覚には多様性があることが分かりました。多様性の頻度から、それらのいずれかを「正常」とし、他を「異常」とすることは適当ではないこと、またこれまで「色覚正常」と呼ばれてきた人たちの色覚も一様でないことが分かってきたことから、これらを血液型と同様、「色覚型」と考え、CUDOでは下記のようにC型、P型、D型、T型、A型と言った呼称を提唱しています。


これら色覚型のうち、C型が最も多く、3色を認識できます。従来「正常」と言われたグループです。
C型の中にも、赤を明るく感じる人と暗く感じる人がいて、日本では7:3、欧米では6:4に別れるとのこと。これは、緑と赤を感知するセンサーが、もとは同じ遺伝子の突然変異によって発生したもので、その感度が、緑センサーが赤センサーに近い人と、赤センサーが緑センサーに近い人とがいるということに起因するようです。

D型は緑のセンサーが赤寄り、あるいは機能していない、若しくは持っていない人で、赤と緑をほぼ一つの色として感知するとのこと。

P型は赤のセンサーが緑寄り、あるいは機能していない、若しくは持っていない人で、これもD型と同様、赤と緑をほぼ一つの色として感知するそうです。

では、この2つのグループはC型に比べて劣っているかというと、実はそんなことはなく、赤と緑の処理機能が非常に高く、例えば緑色は「赤系の緑」「黄色系の緑」「青系の緑」を明確に判別することができるそうです。
また、赤色も、中国国旗の赤と日本国旗の赤はまったく別の色に見えるとのこと。
これではどっちが障碍者かなんて言えませんね。

T型(黄青色盲)は青のセンサーが無いか、機能していない人で、もともと視覚センサーはこの色を感知するところから始まっているため、割合としては非常に少ないとのこと。青の領域を緑のセンサーがカバーしているため、青と緑が同一に見えます。

そしてA型は色を感知するセンサーが無いか機能しておらず、明るさを感知するセンサーのみが機能しています。これは本来暗いところでも物が良く見える高感度センサーとして機能するもので、赤外線センサーよろしく、赤色を明るく感知します。また、明るいところでは良く見えないとか。


さて、色覚型の分類ですが、私にとっては、アルファベットでの分類はわけが分かりません。A,B,O,ABに比べて多すぎて覚えられず、更にその特徴との関連付けも難しいです。

どうせなら、機能しているセンサーの数と、その特性で分けて欲しいところです。
センサーの機能別にするなら、
C型=3型明赤式、3型暗赤式
P型=2型赤緑一致式
D型=2型緑赤一致式
T型=2型青緑一致式
A型=1型高感度式
とか、
あるいは、色感度を重視するなら、
C型=明赤型、暗赤型
P、D型=赤緑一致型
T型=黄青一致型
A型=高感度型
というのがいいなと。

この本の難点として、赤緑色盲を中心に紹介されており、黄青色盲、全色盲に関する記述が乏しいことが挙げられます。
Webデザイン上のチェック項目としては、JIS-X8341に準拠すれば、とりあえず大丈夫そうです。また、モノクロでプリントアウトすることを考慮に入れてサイトを作ればよいのかなというのが全体的な感想です。

この本は、ガイドラインとして扱うよりも、赤緑一致型の色覚者への共感と、カラーユニバーサルデザインを皮膚感覚的に経験し、意識を向上させてくれます。
あとは、CUDツールを活用するのみ。
Color Finder for Universal Design
UDingシミュレーター
いずれも、パッケージとして送付されるため、すぐには使えません。
カラードクター(ダウンロードしてすぐに使えます。)
カラー・コントラスト・アナライザーW3C勧告を基準にしているため、Webデザイナーには最適かと思います。
aDesigner視覚障害・高齢者など広範に対応したアクセシビリティ・チェックツール。
posted by k3akinori at 11:37| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

積読リストその2

これからのWebデザインにCMSは必須だろう、ということで買い込んだ書籍リスト。

まずは広く使われているMovableTypeの本。

Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ 4.2完全対応

Movable Typeで今日から始めるカスタムブログ 4.2完全対応

  • 作者: 岡田 庄司
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本



とはいえMovableTypeのバージョンはもうすぐ5になるんですよね。
職場実習でMovableTypeの3.3と4.2を触る機会があったのですが、これをお客さんに薦められるかというとちょっと微妙です。

というのも、ブログシステムというのは本来、コンピュータに詳しくない人でもWebで発信できるようにするのがその役割だと思うのです。ここでWebデザイナーの役割は、入力フィールドを使いやすくしたり、サイトのデザインを設定したりと、よりユーザーが使いやすいようにすることだと思うのです。

が、MovableTypeの場合、3.3と4.2で使い勝手が違います。最も、実習先の会社はユーザーの使い勝手をあまり考えていない節があるので、設定が悪いのかもしれません。しかし、見た目も含めてメジャーバージョンアップのたびにインターフェイスが変わる、セキュリティのためのマイナーバージョンアップも慎重にやらないとデータが吹き飛ぶかもしれない、となると、ユーザーにとってこんな面倒なシステムは無いわけです。
バージョンアップの度にWeb屋さんにお願いしなければならない。これはWeb屋にとっては金づるになりますが、顧客満足度はどーんと悪くなる。
「簡単だといっていたのに、何だこの手間と金のかかるシステムは!」
と、自分が客ならそう思う。

インターフェイスデザインは販売元のsix-apartが決めるものなので、もしもこれを推奨しようと思うなら、独自にプラグインを開発して見た目と使い勝手が変わらないようにしないとクレームの元。そこまで技術力を身につければいいのだけど、バージョンアップの度にプラグインを開発しなおさなければならないというのもなんだかなぁ。

とはいえ、MovableTypeの半分は優しさではなくプラグインでできています。プラグイン、PerlとJavaScriptの知識は欲しい。ということで次の本。

Movable Typeプラグイン開発入門

Movable Typeプラグイン開発入門

  • 作者: 関根 元和
  • 出版社/メーカー: ラトルズ
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本




Perl/CGI逆引き大全 600の極意

Perl/CGI逆引き大全 600の極意

  • 作者: Web新撰組
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本



上の目的とは微妙にずれるものの、JavaScriptについてはすでに次の本を購入しているためこれ以上のJavaScript関連本を購入するのは控えました。

JavaScript&Ajaxレッスンブック―ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる

JavaScript&Ajaxレッスンブック―ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる

  • 作者: 大津 真
  • 出版社/メーカー: ソシム
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本



大体、ここで挙げている本、まだ読み込んでないんですから。

で、職場実習ではMovableTypeを使っているので、自分のマシンにXAMPPを入れて、インストールしたのがWordPress。次の本に書いてある通りの手順で、あっけないほど簡単にインストールできてしまったのでびっくり。

基本からしっかりわかる WordPress 2.7 カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)

基本からしっかりわかる WordPress 2.7 カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)

  • 作者: 大藤 幹
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



MovableTypeはMTタグという独自のタグを駆使してサイトを構築しますが、WordPressはPHPの文法を基にしているとか。
ちなみにWordPressはPHPとMySQLの組み合わせで動くので、昨日購入したのが次の本。

初めてのPHP & MySQL 第2版

初めてのPHP & MySQL 第2版

  • 作者: Michele E. Davis
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/05/26
  • メディア: 大型本



オライリー本は見た目が難解ですが、これは少しとっつきやすい印象を受けたので購入。
ところで、PHPもPerlもプログラミング言語です。他にもRubyなど、Web周りにはたくさんのプログラミング言語があふれています。
それらを俯瞰したいと思って購入したのが次の本。

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 5 Webプログラミング

  • 作者: 後藤康成
  • 出版社/メーカー: ワークスコーポレーション
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本



Webサービスの仕掛けやビジネスの動向、プログラミングの概念をはじめ、PHP, Perl, Python, Java, ASP.NET, JavaScript, ActionScript, Adobe AIR, Silverlightが紹介され、なぜかそこにiPhoneやiPod touchの紹介が紛れ込んでいるという妙な本(絶対著者の趣味で入れただろこれw)。
さらに、データベース(SQL)とセキュリティの基礎、ユーザビリティについても言及があり、内容はかなり広範。すなわち薄く広くの本。

正直、ウェブデザイン検定3級の教科書にはこれを使えばいいんじゃね? って思わせる本です。この本、民間資格のWeb検定(全日本能率連盟登録資格)の教科書用に作られたものらしい。うーん、なんだかななぁ。


できるPRO Apache Webサーバー Apache2/1.3対応 (できるPROシリーズ)

できるPRO Apache Webサーバー Apache2/1.3対応 (できるPROシリーズ)

  • 作者: 辻 秀典
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2006/06/01
  • メディア: 大型本




オープンソースECサイト構築ソフトEC‐CUBE(Ver2.4.0対応)公式ガイドブック カスタマイズ編

オープンソースECサイト構築ソフトEC‐CUBE(Ver2.4.0対応)公式ガイドブック カスタマイズ編

  • 作者: オレンジ 岸本
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本




Drupal Pro Book CMSカスタマイズ&デザインガイド

Drupal Pro Book CMSカスタマイズ&デザインガイド

  • 作者: 株式会社GIM Drupal プロジェクト
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2008/03/28
  • メディア: 大型本



以上。あとは勉強するだけ。一体いくら投資してるのやら。
posted by k3akinori at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 机上の実物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積読リストその1

Webデザイン関連積読リスト。
これだけ買い込んでいる時点でアホだとわれながら思う。

まずはAdobeアプリケーション関連。

Adobe DreamweaverCS4パーフェクトマスター―Windows/Mac OS X対応  (Perfect Master SERIES)

Adobe DreamweaverCS4パーフェクトマスター―Windows/Mac OS X対応 (Perfect Master SERIES)

  • 作者: 金城 俊哉
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本




Adobe Photoshop CS4パーフェクトマスター―Photoshop CS4/Extended/CS3/CS2/CS対応 Windows/Macintosh対応 (Perfect Master 106)

Adobe Photoshop CS4パーフェクトマスター―Photoshop CS4/Extended/CS3/CS2/CS対応 Windows/Macintosh対応 (Perfect Master 106)

  • 作者: 薮田 織也
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本




Adobe Illustrator CS2パーフェクトマスター(Windows/Macintosh両対応、CD-ROM付) (Perfect Master 83)

Adobe Illustrator CS2パーフェクトマスター(Windows/Macintosh両対応、CD-ROM付) (Perfect Master 83)

  • 作者: 玉生 洋一
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: −



なんでこれだけCS2なんだと小一時間(ry
その昔、フォトショ・イラレがほしかったのです。気が付いたらCS4になってましたとさ。
同じ時期に購入したのが次のムック。

Impress mook MdN 特別号 Photoshop 技巧大鑑 (エムディエヌ・ムック―インプレスムック)

Impress mook MdN 特別号 Photoshop 技巧大鑑 (エムディエヌ・ムック―インプレスムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2006/01/30
  • メディア: ムック





FLASH CS3 Professional [スーパーリファレンス] for Windows & Macintosh

FLASH CS3 Professional [スーパーリファレンス] for Windows & Macintosh

  • 作者: 外間 かおり
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2008/01/22
  • メディア: 単行本




FLASH CS4 Professional スーパーリファレンス for Windows&Macintosh

FLASH CS4 Professional スーパーリファレンス for Windows&Macintosh

  • 作者: 外間 かおり
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2009/07/04
  • メディア: 単行本



授業でCS3の本を購入したにもかかわらず、後日間違ってCS4版も買ってしまったという間抜け丸出しの状態。同じ本二度買っちゃったってくらいorzな状況。バージョンが違うのがせめてもの救い(?)

職業訓練でWebデザインを学ぶ前に独学のために購入してたのが次の本。

HTML&スタイルシート プロ顔負けのホームページ作成術

HTML&スタイルシート プロ顔負けのホームページ作成術

  • 作者: 西村 文宏
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本



結局のところ、外部スタイルシートをどう書いて、どう連携させればよいのか分からなかったので(こら体系的に学ばなあかん)と職業訓練校のドアを叩いたわけですが。分かったらなんてことは無くて。
職業訓練校では、技巧的なことよりも、Webアクセシビリティを知ったことが大きいかも。
「ユニバーサルデザインのWeb環境があれば、たとえ視力を失っても情報が得られる!」
情報ジャンキーの自分にとっては、例えば腕や足が失われても、まあ困るけど、不幸せになるという気はしない。しかし、視力を失うのは怖い。その恐怖を、Webデザインが緩和してくれるというのは大きな希望でもあります。

それとほぼ対極にあるのが無軌道なSEO。しかしこれが無いと商売にならないものでもあります。

SEO 検索上位サイトの法則

SEO 検索上位サイトの法則

  • 作者: 八百谷 真
  • 出版社/メーカー: ソーテック社
  • 発売日: 2009/04/04
  • メディア: 単行本



あくまでも参考。敵を知らずして戦えるか!ってなもんで。

posted by k3akinori at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 机上の実物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。